パパ活女子体験談

セクキャバ嬢がお店での性病リスクと激痛体験をぶっちゃけます

こんにちは、遠藤です。

7年の風俗経歴がありますが、引退後の現在はパパ活メインで生計を立てています。

以前、こちらのブログにてセクキャバの仕事内容の実態についての記事を書かせていただきました。

セクキャバの仕事内容は楽じゃない!?セクキャバ嬢の苦労や裏話を暴露こんにちは、遠藤です。 7年の風俗経歴がありますが、引退後の現在はパパ活メインで生計を立てています。 みなさんは、セクキャバ...

今回は、こちらの記事で触れきれなかったセクキャバと性病の関係。

そしてセクキャバ嬢時代の私が実際に体験した激痛エピソードなど、セクキャバに興味のある方にはぜひ知っておいていただきたいことをまとめました。

遠藤について

簡単な自己紹介をさせていただきます。

ここにボックスタイトルを入力

年齢 26歳 独身

住まい 関東在住

職業 本職は特にない気まぐれフリーター

パパ活歴 2年

「パパ活女子オンラインサロン」に所属(新規メンバー)

活動場所アプリ、交際クラブ、過去の人脈をもとにパパ活中

パパ活の月の稼ぎ 平均40万くらい

風俗嬢時代の月収は平均3桁でしたが、正直ストレスと疲労で心身ともにボロボロになることも少なくありませんでした。

私が風俗嬢からパパ活女子になった経緯についてはこちらの記事でまとめています。

元ナンバーワン風俗嬢がパパ活女子になることを選んだ理由はじめまして、遠藤と申します。 私は高校卒業してすぐに風俗の世界へ飛び込み、その後いろんな風俗を転々とすること7年。 全国版風俗サイ...

セクキャバのサービスで性病がうつることはある?

セクキャバのサービス内容は性的なものも含むため、性病に感染するリスクについては不安に感じる女性も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、セクキャバのサービスで性病がうつる可能性はゼロではありません。
しかし、確率にすれば相当低いのでほぼリスクは無いと言って大丈夫です。

ただし「ゼロではない」という点はやっぱり気になりますよね。

性病がうつるメカニズムについても含め、次の項目で触れていきたいと思います。

セクキャバで性病がうつる可能性がゼロではない理由を解説

セクキャバにおいて性病がうつる可能性はなぜゼロではないのか?

性病がうつるメカニズムとセクキャバのサービス内容の関係など併せて説明していきますね。

性病がうつるメカニズムとは

分かりやすく言うと、性病は性病の病原菌を持っている相手と

①体液と粘膜の接触
②粘膜と粘膜の接触

いずれかの接触をすることでうつる可能性が出てくるものです。

身体が接触することや、抱き着くなどの濃いめのスキンシップでも性病がうつるリスクがある…と勘違いしている女性はこれを機に安心してください(‘ω’)ノ

体液や粘膜とはどのようなものなのか、もっと具体的に説明しておきます。

体液

・カウパー
・精液
・愛液
・血液
・唾液
・母乳

粘膜

・口内や喉
・性器や肛門内
・傷口など

上記の体液と粘膜、もしくは粘膜同士が接触するようなことが無ければ性病はうつりません。

セクキャバのサービスと性病の関係

ソフトキャバクラのサービスからハードキャバクラのサービスまでを全部まとめて、各サービスにおいて性病がうつる可能性はあるのかどうかを簡単にまとめました。

セクキャバのサービス内容はお店によって違う、ということを前提に確認してくださいね。

いくらハードサービスのキャバクラでも、上記以上のことはお店のルール上禁止事項のためここまでとさせていただきます。

こっそりこれ以上のことをやっている人がいるのも事実ですが…(‘_’)笑

とにかく、基本サービス内であれば性病感染のリスクというのはかなり低いです。

リスクあり、とはいっても唾液や母乳から性病が感染することは非常に稀だと考えてOK。

セクキャバのサービスで感染リスクのある性病とは?

セクキャバにおいて性病感染のリスクがゼロではない基本サービスが、

・ディープキス
・胸舐め

の2つ。

この2つで少しでも感染リスクがある性病が何なのか?
簡単にまとめてみます。

基本サービスでも感染する性病

・咽頭クラミジア…のどのクラミジア。女性の8割は自覚症状無し。
・咽頭淋病…5%の確率で重症化し、長期闘病が必要になることも。
・梅毒…ここ数年増加しているので要注意。初期ならばすぐに完治する。
・口唇ヘルペス…性的な接触で感染した場合はヘルペスも性病扱い。

「性病」と聞いてみなさんがいの一番に心配するHIVに関しては、ディープキスや胸舐めでは感染しません。

ただし上記の感染症はどれも悪化すると厄介なので、不安要素があるときは性病検査をうけましょう!

セクキャバで性病感染のリスクが高まるパターン2つ

セクキャバの基本サービスでは、性病感染のリスクはほぼないと言って良いでしょう。

ただし、実はセクキャバの基本サービスの中でもイレギュラーに性病感染のリスクが高まってしまうパターンはあります。

下記で確認していきましょう。

粘膜にキズがある

ディープキスによる性病感染のリスクは低い…とお話ししましたが、実は口内の状況によってはわずかな確率で性病がうつってしまうこともあります。

それはどういう状況かというと…

・うっかり噛んでキズがある
・体調が思わしくなく口内炎がある

このように、口内の粘膜に傷がある状況です。

口内は意外とデリケートで、細菌や病原菌が入り込みやすいんですよね。

キズや口内炎があるときは性病感染のリスクが高くなる、ということはセクキャバ嬢になる気が無くとも覚えておいて損はないでしょう。

客による思わぬ行動

基本サービスの範囲内であっても、酔った客が思わぬ行動に出ることがあります。

そんな時、性病感染のリスクが高まるのです(-_-;)

その行動というのは、ずばり「舐めた指で性器を触ってくる」!!

この行為は客の唾液とキャストの性器の粘膜が触れることになるので、性病感染のリスクが出てきてしまうのです。

できる限り阻止したい行為ではあるものの、セクキャバの店内は暗いですし客の動きを全て監視し続けることは困難。

指舐めからのおさわりはそう簡単に回避できません…。

ちなみにですがキャスト側が性病を持っていた場合、客が性器に触った指を舐めることによって感染させてしまうという逆の可能性もありますよ。

可能性としては相当低いでしょうけれど、

こういう場合は注意

①性病を持った客Aが指舐めをしてキャストCの性器を触り、キャストCが感染
②性病に感染してしまったキャストCの性器を触った指を舐めた客Bが感染
③感染した客Bが指舐めをしてキャストDの性器を触り、キャストDが感染

なんて事態も100%ないとは言い切れないのです。

セクキャバの乳首ストーカー問題

さて、セクキャバで働いて性病に感染するリスクはゼロではないけれど可能性としてはかなり低いということがわかりました。

そう考えると、セクキャバは高時給ですし病気面は心配する必要が無くちょっと魅力的に感じるかもしれませんね。

しかし、セクキャバで働く場合は性病よりも高確率で経験する乳首ストーカー問題に気を付けなければなりません。

体験談を含めお話しします。

セクキャバの客は乳首ストーカーおじさんばっかり

セクキャバのお店は、上半身を使ったサービスを行う店が大部分です。

ソフト店を除き、ダウンタイム中はキャストの胸をじかに触ったり舐めたりすることができるんですよね。
※ダウンタイム=店のルール内でおさわりOKの時間帯

この時、なんとかしてキャストを気持ちよくさせてやろうと乳首を執拗に攻める客(乳首ストーカー)の多いこと…。

正直キャストは仕事でやっているので、お客さん相手に乳をどうこうされたところで感じることなんてないのですが、お客さんはそれを知りません。

なんとかして…という思いから乳首を時間いっぱいこね回してきます(-_-;)

セクキャバの客は総じて、乳首が大好きなのです。

セクキャバで働く際の乳首ダメージがすごい

さて、ダウンタイムのシステムはお店によって違いますが、私が過去に働いていたセクキャバは1セット(1時間)のうち15分がダウンタイムというシステムでした。

セクキャバのお店の営業時間は「20:00~ラスト」とあいまいな表記をしているパターンが多いのですが、多くは2時や3時まで平気で営業しています。

ということは…です。

20時から3時まで営業したとしたら、ダウンタイムは計7回。
15分×7で、なんと時間にすると1時間45分は乳首を責められる計算になるんです。

おかげで私は過去に1度、イベント期間で週6出勤をした際に乳首が大変なことになりました。

例えるなら熟れ切ったデラウェア状態です。

後半は軟膏を塗って出勤していましたが、後にも先にもあそこまで乳首が限界に近付いたことはありません。
※もちろん口に入っても大丈夫なタイプの軟膏です(笑)

本当に、乳首が取れてしまうのではないかとおびえるレベルでした。
そこまでして出勤していた当時の私もやばいですが(‘_’)

ヘルスやソープなどのガチ風俗よりも客のできる範囲が狭いからこそ、こういった事態が起こりうるんですよね。

セクキャバでは性病にかかるリスクこそ低いものの、そのほかでダメージを受けるリスクは非常に高いです。

特に乳首にうけるダメージは底知れません…。
なんなら、私の働いていた店に10年近く在籍しているというお姉さんは

「今や乳首に何されようと何も感じない」

と控え室で豪語していました(-_-;)

まとめ

セクキャバで働くと、性病の心配はほぼないもののシステムや勤務時間はかなりブラックなお店が多いです。

深夜勤務+お酒で肌や内臓がやられ、そして乳首は瀕死状態に陥ります。

今の私はパパ活でお小遣いを稼いでいますが、なぜもっと早くパパ活を始めなかったのかな~と、若い貴重な1年半をセクキャバに費やしたことをちょっと悔やみます。

パパ活を始めてからは、相手と会う時間も頻度も自分で決められますし、無理してお酒を飲む必要も、長時間いろんな客に乳首を攻撃されることもなく本当に平和に過ごしています。

高時給バイトに興味を持つ女性は多いですが、各種高時給バイトを経験してきた私からするとパパ活が一番良いバイトかも。

もし不安があるという方は、パパ活を始める前にこちらのブログサイトの記事を熟読して基礎知識をつけておくと良いですよ。

パパ活女子の集まるライングループ、オンラインサロンにもぜひ参加してみてくださいね。

それではまたm(__)m

パパ活をしていて、誰かに悩み相談をしたいと思ったことはありませんか?
そんな方にオススメするパパ活女子のための無料情報交換グループがあります。
1000名以上が在籍する日本最大級のパパ活女子コミュニティで初心者も数ヶ月で月100万円稼ぐパパ活女子に成長しています。

メリット1:月100万稼ぐ稼ぐパパ活女子のアドバイスが聞ける

月100万円以上稼ぐパパ活女子が多数所属していてどうやったらお手当をたくさんもらえるのかなどをアドバイスしてもらえます。

メリット2:数百名の詐欺パパ情報の共有

パパ活女子を騙す詐欺パパの情報を蓄積していて、あなたが会おうとしている男性が詐欺パパかどうかを判別できます。

メリット3:全28ページのパパ活マニュアルプレゼント

パパ活のお手当のもらい方や詐欺パパの情報をまとめたパパ活マニュアルを差し上げます。

メリット4:富裕層男性を紹介してもらえる

いいパパ活女子にはいいパパがいてそのお友達のパパもいい人です。

そんな優良パパの紹介や富裕層男性だけが参加するシークレットパーティにご招待。