パパ活マナー

フェラしたくない女性必見!元風俗嬢がフェラの回避・対処法や克服のコツを伝授

こんにちは、遠藤です。

7年にわたり風俗業界で働いてきた経験がありますが、現在はパパ活1本で生計を立てています。

直球で本題に入りますが、皆さんはセックスの際にフェラってしていますか?

フェラとは皆さんご存知の通り男性器を口に入れて気持ちよくなってもらう…という行為ですが、

👧「フェラはしたくない!」

という女性はかなり多いようです。

確かにフェラは、キャッチ―な響きの言葉の割に臭いし汚いし苦しいし…と女性にとって大変なことばかりですよね。

ということで今回は元風俗嬢の私が、フェラの克服法、そしてどうしてもフェラしたくないときの回避のコツを伝授いたします。

遠藤について

簡単な自己紹介をさせていただきます。

ここにボックスタイトルを入力

年齢 26歳 独身

住まい 関東在住

職業 本職は特にない気まぐれフリーター

パパ活歴 2年

「パパ活女子オンラインサロン」に所属(新規メンバー)

活動場所アプリ、交際クラブ、過去の人脈をもとにパパ活中

パパ活の月の稼ぎ 平均40万くらい

風俗嬢時代の月収は平均3桁でしたが、正直ストレスと疲労で心身ともにボロボロになることも少なくありませんでした。

私が風俗嬢からパパ活女子になった経緯についてはこちらの記事でまとめています。

元ナンバーワン風俗嬢がパパ活女子になることを選んだ理由はじめまして、遠藤と申します。 私は高校卒業してすぐに風俗の世界へ飛び込み、その後いろんな風俗を転々とすること7年。 全国版風俗サイ...

フェラをしたくないときの回避方法と対策

フェラされるのが好きな男性は多いので、セックスの最中

👨「ねえ、舐めて」

なんて言われて困ったことのあるフェラ嫌い女子は少なくないでしょう。
パパ活で大人の関係を持った時なども、このようにお願いされることはあると思います。

当然、可能な限りフェラには応えてあげたほうが相手からの印象はアップします。
がしかし、嫌なものは嫌ですよね(笑)

こんな時はどう対処するのが正解なのか?
どうしてもフェラをしたくないときの回避方法と対策を解説していきます。

ちなみに、そもそもセックス自体なるべくしたくない…という方はこちらの記事を読んでみてください。

パパ活で大人の関係(セックス)を求められた時の超簡単な断り方パパ活プロデューサーです。 お食事だけのパパ活をやっているとパパから「大人の関係(セックス)をしたい」と言われて困ったことありませ...

相手を傷つけずに断る

フェラをお願いされたとき、

「汚いから無理」
「苦しいし疲れるから嫌」

なんて本音で断ったとして良いことは一つもありません。

ムードもクソもなく、セックスどころではなくなる可能性もあります。

どうしてもフェラしたくないときの断り方は、いかに相手を傷つけないかが重要!

☑自分の身体的なことを理由に可愛らしく断る
☑へたくそで恥ずかしいから他のことで満足させたい…と申し出る
☑男性器を褒める方向ではぐらかす

この辺りが鉄板です。

例を紹介しますね。

👧「私口が小さくてフェラするの難しいんだ…本当はしてあげたいんだけど、ごめんね」
👧「私フェラがすごく下手だから、他をいっぱい頑張って気持ちよくしてあげたいな」
👧「○○さんのとってもおおきくて口にいれたら苦しいから、フェラできないかも…」

どうしてもフェラしたくないときの断り文句として覚えておくと役立ちますよ(‘ω’)ノ

その他のテクニックを磨いてフェラ以外で満足させる

フェラをさせようとする男性の多くは、とにかく興奮と快感を高めたくてフェラを求めます。

要は、他の方法でフェラを要求されないくらいに興奮+気持ちよくさせれば良いわけです!

・濃厚なキスでサービスする
・手コキのテクニックを磨く
・他の性感帯の刺激方法を学ぶ
・膣トレや腰の動かし方を勉強して挿入で骨抜きにする

フェラをしなくても、これくらい他の技術を習得すれば男性は満足してくれます。

受け身にならない

基本的に受け身な女性はフェラを強要されやすいです。

男性から好き放題言われたりされたりしやすく、結果的に損をします(-_-;)

演技でもなんでも、セックスの時は積極的なキャラクターでいたほうが絶対に何かと有利だということは覚えておいてください。

積極的になって男性を自分のペースに巻き込んでしまえばこちらのもの。
主導権を握り、やってもいいプレイとNGなプレイのラインをはっきりさせてしまえば良いのです。

ぜひ受け身にならないセックスにチャレンジしてみてくださいね。

フェラしたくない気持ちを克服できる上手なやり方とは?

ここからは、フェラしたくない気持ちを克服できる上手なやり方について解説していきます。

フェラは、コツさえ覚えればそこまで苦労することなく男性に快感を与えることができます。

難しいことは一切なく、時間をかけずに男性を満足させられるフェラテクを身につけてフェラを克服していきましょう!

こっそりにおい対策してみる

フェラをしたくないという女性の中でも、においが原因でどうしても無理…という方に効果があるのはにおい対策です。

一緒にシャワーに入り、プレイの一環として洗ってあげる方法が最も効果的!
男性器のにおいが溜まるポイントがこちら。

・亀頭の周りの皮がたるんでいる部分
・包茎の場合は皮の内部
・睾丸の裏側

ポイントを押さえてしっかり洗ってあげましょう。

それでもまだ心配…という方はあらかじめデリケートゾーン専用のボディソープを用意しておいて、洗うときこっそり使ってみるのもアリです。

ちなみに私は風俗嬢時代、

「このボディソープ、肌すべすべになるからちょっとだけ使ってみない?最後のシャワーは無香料つかうから♪」

と堂々と嘘をついて専用ソープを使っていました(‘ω’)ノ

あの独特のにおいさえどうにかなれば少しくらいフェラできるかも…という方はぜひチャレンジしてみて下さい。

ちなみに、風俗で働くとシャワー前のフェラ(即尺)がサービスに含まれていることも…。
フェラが嫌いじゃなくたって抵抗があるのに、フェラ嫌いの女性からしたらこんなの地獄だと思います(-_-;)

風俗の即即・即尺は正直汚いしキツイし稼げないからおすすめしないこんにちは、遠藤です。 7年の風俗経歴がありますが、引退後の現在はパパ活メインで生計を立てています。 この業界に長くいても理...

視覚的な興奮要素を大切にする

男性はなんと言っても視覚的な刺激に弱いです。
フェラ自体のテクニックがそこまでなかったとしても、

・視線を合わせながら舐める
・女性側が自分で胸などを刺激しながらフェラする

などの視覚的なエロさがあると、男性の感じ方が全く違ってきます。

フェラの技術に自信がなければ、見た目でどの程度エロを感じさせるかを大切にしましょう。

69(シックスナイン)の体位なども、男性にとって刺激が強いのでオススメです。

あごが疲れないよう口以外も上手に使う

フェラは口しか使ってはいけない!なんてルールはありません。

ちょっとでも口を使っていて男性が気持ちよくなれば、それはフェラです(‘ω’)ノ

ということで、あごが疲れない程度に手なども積極的に使っていきましょう。

・亀頭だけ舐めながら手でしごく
・舐めるのと手コキを交互に行う
・胸にペニスを擦りつけつつたまに舐める

このように、口+@もフェラと考えて問題ないのです。

ある程度満足させたらOKと判断する

フェラで最後まで(射精まで)いってもらおうと思うと、一気に難易度は上がります。

そもそも、射精を目的にフェラをしてほしいという男性はそんなに多くはありません。

女性が自分のために頑張ってくれている姿を見て、それだけで満足してくれる男性が大半です。
(※風俗客はこの限りではありません。フェラでイこうとする客はたくさんいます)

とくにパパ活におけるセックスでは、テクニックより一生懸命さを重視する方がほとんど。

そこまで肩ひじ張らずに、ある程度頑張ったらOK…と自分でハードルを下げることも大切ですよ!

フェラができれば挿入時間の短縮に役立つ

フェラは嫌かもしれませんが、愛の無い関係の男性とセックスする際に最も苦痛なのは挿入だという方も多いです。

できるだけ挿入の時間を短くしたい女性は、フェラができるに越したことはありません(‘_’)

フェラによって男性の興奮と感度をある程度高めておけば、挿入→射精までの時間を短縮することが可能だからです!

そう考えると…フェラに対しての抵抗感が少しはマシになる気がしませんか?(笑)

☑フェラをしないで長い挿入時間に耐える
☑少しでもフェラをして挿入を時短する

何が苦痛かは女性次第なので、自分はどちらの方が楽にセックスできるのか、今一度考えてみると良いでしょう。

これだけはNG!なフェラとは

👧「…ちょっとだけフェラをしてみようかな?」

と感じたら、いきなり無理はせず徐々にチャレンジしてみましょう。
最低でも、下記で紹介する絶対NGなフェラさえ避ければ男性は基本よろこびますよ。

歯が当たって痛いフェラ

男性は歯の当たるフェラを嫌います。

ペニスに歯が当たると当然気持ちよくはありませんし、痛いです。

口を上下させるたびに歯がゴリゴリ当たるようなフェラでは男性の興奮も半減…。

なるべくペニスに歯が当たらないよう、調整しつつフェラすることが大切ですよ。

唾液不足の乾いたフェラ

フェラはぬるぬるした口内だからこそ、男性は気持ちよく感じます。

口内が唾液不足で乾いた状態でのフェラは、残念ながら気持ちよくはありません。

元から口が渇き気味だったり、セックス自体に緊張したり…と女性の口が渇いてしまう原因はいろいろあるでしょう。

しかし、そのままフェラをするとペニスの皮が口内にひっかかり、不快感を生んでしまう可能性も…。

セックスの前は少し水分を取って口内が乾かないようにしたり、余裕があればすっぱいものを想像したりしてなんとか口の中を潤しましょう(‘ω’)ノ

風俗嬢時代、どうしても口内が渇いてしまって仕方がない時はローションを使ったり、客にディープキスしたりしてなんとか口を潤していました…。

風俗のお仕事って相当ハードです(-_-;)

吸引が強すぎるフェラ

フェラにはいくつか種類があって、舐める以外に「吸う」という手法もあるのですが…。

吸うタイプのフェラは、ただ舐めるだけのフェラよりも難易度が高め。
度合いを間違えるとただ痛いだけで、男性は萎えてしまいます。

男性器はデリケートなので、テキトーに吸っておけば気持ちいいでしょ!というのは間違いなのです。

ベストな力加減が分からないうちは、単に加えて上下させるくらいでも全く問題ありません。

風俗嬢相手でない限り、フェラテクはそこまで求められないので安心してください!

フェラしたくないなら風俗は厳しい…でもパパ活なら大丈夫

基本的にフェラをするかどうかというのは女性に選択権がありますが、風俗で働くとなるとそうはいきません。

どんな職種であっても、風俗ならばフェラは基本サービスの一環。
これができないとなると問題です。

サービスが悪いということで指名が返ってこなくなり、稼ぐこともできなくなります…。

風俗業界で7年間働いてきた私に言わせると、

「フェラは嫌い!でもたくさん稼ぎたい」

という女性は、風俗ではなくパパ活にチャレンジしたほうが良いです。

パパ活であれば、やり方によってはフェラどころかセックスしなくてもお金を稼ぐことができるからです。

風俗であればコースやオプション等全部合わせても1回のセックスで稼げる額はある程度決まってきますが…セックスも含めたパパ活であれば、稼げる額は天井知らず!

1時間ちょっといちゃいちゃしただけで10万円単位のお金を手にすることも夢ではありません。

もちろん風俗の仕事ではないので、フェラをするかどうかも女性側に選択権があります。

風俗よりパパ活のほうが、心にも身体にも負担をかけずに稼ぐことが可能なのです。

まとめ

フェラをしたくない女性は、無理にすることはありません。

嫌なことを我慢するよりも、上手に対策・回避して立ち回ることが大切です。

風俗で働くとなるとフェラができないのは致命的ですが、パパ活なら関係ありませんし今回紹介した小技でいくらでもごまかせます!

フェラしたくないけどお金はたくさん稼ぎたい…と考えている女性は、ぜひパパ活にチャレンジしてみましょう♪

それではまたm(__)m

パパ活をしていて、誰かに悩み相談をしたいと思ったことはありませんか?
そんな方にオススメするパパ活女子のための無料情報交換グループがあります。
1000名以上が在籍する日本最大級のパパ活女子コミュニティで初心者も数ヶ月で月100万円稼ぐパパ活女子に成長しています。

メリット1:月100万稼ぐ稼ぐパパ活女子のアドバイスが聞ける

月100万円以上稼ぐパパ活女子が多数所属していてどうやったらお手当をたくさんもらえるのかなどをアドバイスしてもらえます。

メリット2:数百名の詐欺パパ情報の共有

パパ活女子を騙す詐欺パパの情報を蓄積していて、あなたが会おうとしている男性が詐欺パパかどうかを判別できます。

メリット3:全28ページのパパ活マニュアルプレゼント

パパ活のお手当のもらい方や詐欺パパの情報をまとめたパパ活マニュアルを差し上げます。

メリット4:富裕層男性を紹介してもらえる

いいパパ活女子にはいいパパがいてそのお友達のパパもいい人です。

そんな優良パパの紹介や富裕層男性だけが参加するシークレットパーティにご招待。